FC2ブログ

Welcome to my blog

新たに母の鬱と若年性認知症の闘病記録を載せていこうと思います

top

YAHOO!ブログ→こちらをクリック
から、こちらに引っ越しました.
「saku」から「waga」になりましたが
またよろしくお願いします。
お酒の記事、言いまつがい、などは旧ブログに残してあります。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

母と家族の見た地獄

平成29年8月より体調を崩した母(当時62歳)と私たち家族の記録

↓↓↓タイトルをクリックしていただけると記事が読めます。
1.母の悲劇のはじまり
2.最初の受診
3.短期入院と眠剤
4.強烈な便秘
5.素人判断(パーキンソン病疑い)
6.壊れていく
7.助けを求めて
8.命が危ない
9.与えられた選択肢
10.緊急搬送
11.神経内科への入院
12.病名が付かない
13.うつ性昏迷
14.精神科病棟へ
15.母の生い立ち
16.電気けいれん療法
17.母との面会が怖い
18.一進一退
19.投薬開始、「家族に捨てられた。」
20.2度目の電気けいれん療法
21.初の外出と転院のススメ

老健の後遺症

1週間ぶりに母の精神科病棟への面会

驚いたことに髪を切ってもらって
さっぱりな母

ありがたや~
ありがたや~

髪を触られるのがダメで
泣き叫ぶため半年以上も髪を洗って無かった母に、どんな魔法をかけたの🧙‍♂️?
と聞きたいくらいです

面会ルームにて母にクッキー🍪を食べさせていたら
「ほとんど水分がとれていないので
このお茶を娘さんから勧めてみて下さい」と
看護士さんからカップを渡されました

“これを飲んだら、もう一枚クッキーをあげるね”
“一口だけでもいいから飲んでね”
と書いてメモを見せても

「飲まない、飲まない、飲まない、飲まない」
の一点張り

老健で
便の確認がとれないのを理由に
飲み物に
下剤を入れられていた母

飲み物を飲んだら
お腹が痛くなるって、水分を頑なに拒否

何してくれてんのさ💢老健さん!
うちの母は馬鹿になっちゃってるように見えるけど、勘がいいって言ったのに

筆談は怠るわ
下剤飲ませて辛くさせるわ
挙げ句の果てに
手に負えない入所者のレッテルを貼って
退所させるわ

あんまりだよ

プロなら先のことも見据えてやって欲しかった
家族は!特に我が家みたいな、弱い立場の家族は!意見できかったんだよ

今更だけど
不信感だらけ残ったよ


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村





明後日 面会 行ってみよう

老健は一日置きに面会に行っていたのに

距離的に何倍も遠くなってしまったら
心まで母から離れてしまった

なんて、薄情な、と
自分でも思うけど

こうでもなきゃ
やってられない

でも、明後日、面会に行ってきます


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

5万人に1人の精神病患者

母、無事?無事?
精神科入院

主治医は90歳になる大先生
とても90歳には見えない方で

今まで五万人の患者を診てきたとの事

その五万人の中で一番ヒドイ

初めてだ

と言われました

これは戦時中の兵士がかかるくらいの
重い精神病で
分裂症ではないので

治る見込みがあるそうです

驚き、と言うか
やっぱり、と言うか、、。

ひどかったんだ( i _ i )
私たち家族の力不足では無かったんだ

と思ったら
少しホッとしました


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村




Xデー

本日、老健を退所し
市外の精神病院へと
母を送り届けます

久しぶりの母の長旅
家族3人がかりで頑張ります!


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村


私のメンタル

ある時期
かなり昔から

私のメンタルは壊れ気味

特に、嫌なことがあると眠って忘れようとして
ロングスリーパーになり

今は、何も嫌な事がなくても
とにかくよく眠り
家族を驚かせる

自分でも、こんな生活は嫌気がさす

よく眠りはするけど
家事も育児も仕事も
怠ける事なく、ちゃんとやっているとは思う

寝坊した事も遅刻した事も一度もない

でも、沢山眠ったあと
清々しいならともかく
あー、、またやっちゃった
一日無駄にしたー死にたい、死にたい!と声に出して言ってしまうくらい自己嫌悪に陥るので

子供達に嫌な顔をされる

だから、色々考えて

最近は、死にたい、を「生きたい」に頭の中で変換する事にした

言葉にすると、チグハグで変な事になっちゃうけど

変換がうまくいくと
自己嫌悪が無くて済むし
この生活を直すきっかけにもなれそう

昔は昔 今は今 女性の生き方

ご近所で、葬儀があった
亡くなったおばあちゃんの子供達は
女3人 男1人

長男が跡を取り
嫁と孫を3人もうけたが
おばあちゃんが元気な時に
子供達3人連れて嫁は出て行った

別居から10年以上たっても籍を抜いておらず
今回、葬儀にも参列していた

長男の妹達(小姑)3人が圧倒的な存在感で
お葬式中、より一層、嫁は肩身の狭い立ち位置だったように見える

とにかくおばあちゃんの娘達の中でも
60台後半と思われる長女は強く
出て行った嫁に対して
何かしら嫌がらせをしているらしい

旦那さんと籍を抜いていないところをみると
夫婦間に問題ではなく
姑、小姑のしがらみに負けての別居なのかもしれない

旧家、順調にいけば
孫が、また子孫をつくり
その先へ繋がり、先祖を守る
田舎にとっては、このサイクルを絶やさない事がとても大切な事なんだけど

この家のサイクルは
もしかすると、今の代で
the end、、、となる可能性が高い

昔から
女性は子を産み
色んなしがらみに耐えて
耐えてサイクルを保っていたんだなぁ

我慢が美徳とされない時代
女性が強く輝ける時代

お家事情も変わって当たり前

いいと思います


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村


老健へ面会の人達

近所でお葬式が出来て
面会が2日間空いた

老健の駐車場
面会の人達専用の駐車場は
シルバーマークの車が多い

二階、認知症棟に面会者には
どう見ても、こちらの方が介護が必要と思われる
おばあさんとおじいさんがいつも来ている

奥さんは腰がくの字に曲がり
歩くたびに辛そうな呼吸がヒューヒューと聞こえる

親なのか、兄弟なのか
もはや関係性も分からないくらい
両者ともクッタクタに老いている

どちらかに何かあったら
どちらも共倒れてしまう
老老介護

見守るしか出来ないのが辛い


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村


寝ている時間が多くなる

最近、いつ面会に行っても
眠っているか、横になっている

たまに起きて歩いていても

私が差し入れた
お菓子やおにぎりを食べたあと
すぐ横になってしまう

変化

安定しているようにも見えるけど
少し心配


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村


入院日が決まる

家族の心とは裏腹に
着実に、母の移動先の病院の手続きが進む

最初、親身になってくれた老健の相談員さんも

老健から病院への話が出てからは
ずっと事務的
なんだか冷たく感じてしまう

私は何を望んでいるのだろう

ずっとお世話になってきた老健さんに
感謝するべき、と心では分かっていても

時間をかけて
長期的な目で
と、母を受け入れてくれたはずなのに

話が違うじゃないかー

話が違ってしまった事に対しての説明は
現場の方々からは聞いたけど
相談員さんからは無いんかい、!
と思ってしまう


ケアマネさんや相談員さんの手腕って大きい


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

愛しさと 切なさと 心苦しさと

流行った曲のタイトル

若い時は

自分の親や子供に対して
愛しさ、切なさ、心強さを

感じるのだけど


介護が絡むと

最初の2つは一緒なのに
心苦しさがある

自分が介護する側でも、される側でも
キリキリと胃が痛むような心苦しさ

親が老いても、自分が老いても
心強い 介護制度作って下さい( i _ i )


それか、姥捨山⛰でもいい、、、💦


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村