Welcome to my blog

新たに母の鬱と若年性認知症の闘病記録を載せていこうと思います

top

YAHOO!ブログ→こちらをクリック
から、こちらに引っ越しました.
「saku」から「waga」になりましたが
またよろしくお願いします。
お酒の記事、言いまつがい、などは旧ブログに残してあります。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

母と家族の見た地獄

平成29年8月より体調を崩した母(当時62歳)と私たち家族の記録

↓↓↓タイトルをクリックしていただけると記事が読めます。
1.母の悲劇のはじまり
2.最初の受診
3.短期入院と眠剤
4.強烈な便秘
5.素人判断(パーキンソン病疑い)
6.壊れていく
7.助けを求めて
8.命が危ない
9.与えられた選択肢
10.緊急搬送
11.神経内科への入院
12.病名が付かない
13.うつ性昏迷
14.精神科病棟へ
15.母の生い立ち
16.電気けいれん療法
17.母との面会が怖い
18.一進一退
19.投薬開始、「家族に捨てられた。」
20.2度目の電気けいれん療法
21.初の外出と転院のススメ

今朝もブツブツ言いながら徘徊

子供達が夏休みで、旦那も休みだから
少しゆっくり眠っていたいけど

5時前から母が元気に徘徊中

耳が聞こえない(聴覚障害1級)なので制止の声が届きません、非常に不便

物心ついた頃から
母は耳が聞こえなかったので、上手く母娘としての関係が築けなかった事が悔やまれます

私は思春期に摂食障害になり、その事も母に相談出来ませんでした

母は自分が耳が悪いことを隠しきれていないのにひたすら家族に隠し

私は摂食障害を親に隠しました

耳が悪いと指摘されると怒る母でした

ちゃんと病識を持ってくれたら、治療や手話や、やれる事があったはず

まあ、後の祭りです

私が成人して、母に障害者手帳の手続きを勧めた時も頑なに拒否しましたが

あの時、説得して大きな病院へ連れて行って良かったです

少しも聴こえていない、と言う事実もその時明らかとなりました

今日は庭にプールを出し
子供達を遊ばせながらの、母の見守りの1日です
頑張ります😄

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

デイサービスでの様子

木、土、日、と曜日を決めて週3回デイサービスを利用させて頂いている63歳認知症の母です

相変わらず、お迎えの車には叫びながら、無理矢理引っ張られて連れて行かれています

母のお迎えの時だけは走行中の車から降りようとしてしまう為、職員さん2人がかりになるので
施設の都合で9時40分頃の遅い時間のお迎え

もう少し早い時間だと助かるなぁ、、と思いつつも、毎回拒絶の強い母に根気よく対応して下さり、ありがたい事です(T . T)

そして、帰りは、ほぼぴったり、4時にはデイの送迎車で帰宅の母

これには理由があり
母は施設内で食事も水分も一切拒否し
当然、薬も飲みません
おトイレも行かないため
母が熱中症や膀胱炎になってしまわないか、とても心配して下さり

誰よりも早く自宅へ送り返して下さっているようです

いつになったら慣れるのか
とにかく長期戦になりそう

しかし、ほんのわずかに変化も見え
今日はおやつのゼリーの盛り付けと、食器拭きを自ら手伝ったそうで
それには驚きました

デイサービスのせいで、家庭での介護負担が大きくなっているのではないかと、いつもケアマネさんが気にかけて下さいますが

実は、デイサービスの日は母は自宅での入浴拒否をするようになりました
以前より歯磨きはしなくなってしまった母ですが
歯も磨かず、風呂にも入らずでは、何か病気になってしまうのではないかと、家族は心配しています

デイサービスでは流石に入浴サービスまでは無理な状態です
何とか自宅で以前のように入ってくれるといいなぁ(>_<)

そして、今度の木曜日は
デイサービス中にヘアカットの予約を入れさせて下さいました(^^)
ずっと仙人のように伸びてしまった髪が気がかりでしたので、上手くいきますように♡


そして、そして!
老健の入所申し込みは無事できました‼️
母の現状、家族の現状を包み隠さず全部話しましたが、相談員さんは高い確率で入所できると言って下さいました

しかも、来月退所される方がいるらしく
検討会議で通れば、来月から入所できますとのこと

お忙しい中にもかかわらず、施設内も見せて頂き
職員さん達の挨拶の清々しさや笑顔
入所者さんたちの様子も拝見できて
こちらに入所できたら、どんなに母は幸せかと期待してしまいました

でも、今まで期待を裏切られてきた経緯があり
あまり過度に希望を持たない癖が、、、(T . T)

できたら、できましたら!
入所できますように✨

母が入所となれば、その先のグループホームや特養などの見学に沢山いけるので、家族にも選択肢が広がります

前へ前へ

沢山の情報は、自分が動く事で入って来ます
待っていても誰も教えてはくれません

そして、こんな私の姿をみて
私の家族も知識を増やし、将来に何か役立てる事ができたらいいなっ❣️そんな風に思う、今日この頃でした


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

続、徘徊問題

今日も早朝から母を庭で発見
無理矢理戻らせ
出てはダメだよと言い聞かせました

しかし、その後
私が小学生の長男と次女を集合場所に送る数分の間に今度は道路に出てしまいました

同じ通学班のママさんが車で通る時に見つけて下さり

ダッシュで自宅まで戻る私💦
子供達には「先行っててーーー!!!」と必死の形相で向かいました

ダメな私です
力づくで母を連れ戻し、自宅のドアをバーン!!!!と締めて
一喝‼️

「何してんの!!!!💢」

何してるのか分からない母に、この私の対応
間違ってますよね、きっと、、、

後からドッとくる疲れと罪悪感

子供達を送り出し、仕切り直し
なんで外に出たいのかを、ゆっくり問いかけます
発語は少し不自由ですが
母が言いました

「家にいるとツラくなる、、、家にいられないから出る」

ちょうど今日は11時からケアマネさんとの話し合いの約束があったので
今朝の出来事を報告しました

「おそらく、お母様のように今まで家事を何十年とこなしてきた主婦にの方は
自分の役割が無いことも、ツラさの原因になっているのかもしれませんね」


とおっしゃって下さいました

もしかするとデイサービスも母の負担になっているのかもしれないとの事

確かに、デイサービスから戻ると母は荒れ狂います
「あそこは私が行く場所じゃない!」と激怒し
情緒不安定になります

しかし、行ってもらわねば私たちの生活も壊れます

現在お世話になっている小規模多機能さんは、このケアマネさんはじめ皆さん優しい方々ばかりで耳の聞こえない母にも沢山話しかけをして下さり
最近はホワイトボードを使わずに
口の動きで母が理解できるときがあるらしく
その事を喜んで下さっていました

厳しい顔つきや、空気を読めない行動
見た目、耳が聞こえない事
色々な事で薄気味悪がられる事の多い母です

家族ですら、不快感を母に感じてしまう
今日この頃です

「私たちは、みんな幸子さん(母)が大好きですよ」とケアマネさんが帰り際に言って下さった時

嬉し過ぎて感動しました


昨夜も私の長女が高校から帰宅後
「ばぁちゃんの顔が見たくなったー♡」と言いながら
手を振ったり、一生懸命に笑顔を母に向けているのを見て

優しい気持ちになれました


なのに、なのに(T . T)
玄関でドアを開けようとしている母を見るたびに

鬼のような顔で
母をにらんでしまう私
どうしたらいいんでしょう

徘徊がある時期は大変です
少しでも心休まる日が訪れますように

今から老健の申し込みをしてきます

先の記事の精神科医さまに、どこも受け入れてくれるはずが無いと言われましたが
チャレンジしてきます


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村




ケアマネさんとソーシャルワーカーさんの優しさ

今日、精神科で受けた屈辱
怒りよりも虚しさが迫って
でも、聞かなきゃならないことがあったので
ケアマネさんに電話をしました

気がかりは
紹介状まで書いてもらって
通院さえ拒否され
先に通っていた大学病院でも診てもらえないかもと脅されたこと

今まで出して頂いていた薬は、どこからもらえば良いのか、、、

今日の最低な副院長は
今処方されてる薬は気休め程度の大した薬では無い、大学病院が差し障りない薬を出しているだけでしょうとは言っていた

ケアマネさんに、その事を含めて
全部、伝えました
きっと私は誰かに話したくて仕方なかったんだと思います

私の話を聞きながら

ケアマネさん激怒!!!

あまりに、酷すぎる病院での出来事に絶句しながらも
薬についてはケアマネとしてアドバイスできる範疇では無いけれど
やはり気持ちを落ち着かせるためにも飲んだ方が良いし
飲まなくなって悪化してから再受診するのは大変だから、私が付き添いをしてもいいので
元の大学病院にお願いしましょう
あちらのソーシャルワーカーさんに事情を説明して医療に繋がりをつけておきましょう


と言って下さいました

今行っているデイサービスは、私の母を見捨てるどころか、これからも温かく見守ってくださるそうです(号泣)

その後
大学病院のソーシャルワーカーさんに電話

このソーシャルワーカーさんは話し方も優しく、淡々と分かりやすく説明して下さる方です

優しさは滲みでていますが、あまり怒ったりしなそうな感じだなぁ、という印象の方でしたが
私が一通り病院で言われた事を話すと

「そんな事を言われたんですか!!!!」
「酷すぎますね」

と怒りを露わにして下さいました

「もう、その病院には二度と行かなくていいです」
とおっしゃって下さり
また大学病院での受診を続行できるようになりました

そして、母のような人は
特養にもグループホームにも入れないと言われた事にも怒ってました
「そんな事は無いです!!!合併症をお持ちの方でも、絶対に受け入れてくれます!」
と、、、

あまり怒りを露わにしなそうな方が
こう言ってくれた事に
またまた大号泣です

ありがたいです
ありがとうございます

こんな辛い目にあったのに
感謝の気持ちでいっぱいになれたのは
あなた方のおかげです

言葉で傷つき
言葉に救われました

これから、どれくらい私は人を言葉で救えるでしょうか

沢山、人を救う言葉を発したいと思った今日一日でした



読んで下さって、ありがとうございます
↓ポチッと押していただけると励みになります
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

入院できず

医療保護入院させてもらえず、、、。
医療保護入院断られる、、、!!!!

医師に鼻で笑われました、しかも副院長

「治療できない人を、なんでうちが受け入れるんですか?」

「特養とかグループホームだってこんな人は受け入れないですよ」と言われました

「紹介状の大学病院だって、このような患者さんは診たくないって感じの内容が書いてありますよ、また診察してもらえるかも分からないですね(鼻で笑う)」と

「今以上に、どんどん酷くなっていきますよ、間違いなく」

ひどいですね、これ医師の前に人間としてどうなんでしょう?

ケアマネさんにも、そのまま伝えました

この医師いわく、今日のこの病院の対応を保健所に言おうが、誰に言おうが、痛くもかゆくもないそうで、どんどん言ってもらって構わないとの事でした

あなた達は八方塞がりだとの通告をされました

精神科の医師なのに患者と家族を追い詰めるなんて酷すぎます

逆に考えると、精神科医は人を簡単に追い詰める方法や言葉を熟知していて、我が家のような平凡な中流家庭を、とことん追い詰めて二度と来院しないように仕向けることは簡単に出来てしまうのでしょう


これに負けず
次探します

私たち家族は、先に書いたように
本当に平凡で、本来、とても仲が良くて
強い絆があります
母が病気になった後も
ささやかな幸せを探すのが上手な家族です

良い人生経験をさせて頂きました

この医師は、一生かかっても、こんな人生経験はできない事でしょう
空調の効いた綺麗な病院で、座りやすい椅子に腰掛けて、哀れな患者を診つづけ、時に見捨てて
順風満帆な人生をお送り下さい

私たちはもがきながらも
あなたとは一生関わらないで済む方法を選択していきます


さて、医療に頼れないなら
次は何かな?どうしたら良いのか
今、精一杯の事をしています
前向きに頑張ります

頑張りすぎないように頑張ります
家族の幸せのために
自分のために
明日のために

この記事で、もし私たち家族を哀れんで下さった方、もしよろしければ↓ポチっとお願いします😿
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

病院へ、、この格好( ; ; )恥は承知の上

紹介状を持ち来ました
市内で有名な精神科ですが
外来で母のように明らかにおかしい人は居ません
しかも母はパジャマのままです
目立つし、ずっと騒いでるので
個室を用意してもらいました

こんな酷い状態の母が入院できなかったら
世の中、鬼だよね

椅子にも座ってくれません
周りからの憐れみの視線が痛いわーーー

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

ご近所からも心配の電話、保健所へ相談

昨日、早朝
とうとうご近所から電話がありました
「お母さん道路にでてるよ!」
子供を部活に送るママさんから

そして今日も、ご近所さんから
「道の真ん中で急ブレーキされてたよ!」

家族が見てないわけじゃないんです
朝5時から
5分おきの徘徊、追いかけるのキツイです
怒っても効きません

孫が順番に手を引いて
ゆっくりゆっくり散歩にもって行ったりしても
効きません

とにかく言うことを聞きません

明日は紹介状を持って別の精神科へ受診
もし入院できなかった事を考えて
保健所にも連絡

保健所、、、なんだか頼りないな
でもやるべきことはやって
ダメなら次!
ダメなら次!!と
とにかく動かなきゃ行けません

母のような状況は、家族では
とても無理
誰かに力を借りなくては
とても無理です
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

徘徊に疲れました

マメな時だと5分に一回
少し落ち着いたなーと思うと
また外に出てる
しかも道路に

連れ戻すのも、もう疲れました
困らせようとしてやっているの??
そうじゃない気がする

何で?どうして?と理由を探ろうとすれば
私たちも疲労がたまる
私の子供達も夫も、もちろん私も父も疲れてる
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

一線を越えた

今まで自宅前の道路ギリギリまでを
1日に何度も徘徊していた母ですが

早朝4時に
道路に出てしまいました

車の方々にご迷惑をお掛けしてしまいました
家族は、ごめんなさい、と謝るしか出来ない

父→「とうとう、一線を越えてしまった」

頭を悩ます毎日です

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

デイサービスも無理かもしれない

デイサービスも無理かもしれない
4時過ぎ、小規模多機能から電話
母、送迎車に乗らない
お迎えに来てくださいとの事

朝行ったパジャマのままの帰宅
着替えをしてくれない
それどころか私物を入れたバックを触らせてくれない
昼食も食べない、水分も摂らない

帰ってきたら
気が狂ったように呻いてる

無理だよねーーー
多分、デイも無理だよねーー
在宅介護も無理だよねーーーーー


どーしたらいいの?????
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村