FC2ブログ

過食症について

以前から 「産後の悩み」と「過食症」について記しておこうと考えていたのですが

今日 素敵な出会いがあったので
「少しでもチカラになれたら」と思い PCを立ち上げました

もし今から書く記事によって「逆に悩ませてしまったら…」という不安もありますが
私なりに自分が過食で悩んでいた時 調べたことを精一杯の言葉を使って書いてみようと思います


【過食症】………「摂食障害」または「神経性大食症」「食物依存症」などともいわれます
        病気だという認識がうすく「ダイエットのやりすぎ」などと言う人もいますが
        これは“現代病”のひとつとしてあげられる病気です。
        
  
【症状】………「大量に食べる」だけではなく その後「吐く」「下剤を使う」などに至る場合が
         ほとんどです

【原因】………以前書いたバセドウ病と同じく さまざまなことが原因になります
       「ストレス」「ダイエット」「親からの愛情不足」などが一般的にいわれていますが
       こればかりが原因とはいえません

【治療法】……詳しくはありませんが 私は「精神科にてカウンセリング」を一度だけうけました
       そのとき「抗うつ剤」のお薬も処方できるといわれました
       うつ病の薬が過食にも効くのだろうか?と驚いたのを覚えています

     そしてこの病気と隣り合わせなのが「拒食症」です
    (つい最近 ブラジル出身のモデルさんが亡くなられたのはご存知の方も多いはずです)



私がこの病気になったのは、高校の制服を着ていた頃ですので
もう10年以上前のことです
そして完治したのは長女を出産してまもなくの事なので最近までこの病気に悩んでいました

夫や母にもこの病気であることは告げていました

仕事帰りにコンビニをはしごして 大量のお弁当やお菓子や飲み物を買い
味わうことなく胃につめこみ トイレで吐く ということの繰り返しでした
いつも どんなに食べても心が「満たされず」
吐くことによって 「自己嫌悪」に陥ります 

今 思い返せば「こんな事の繰り返しでは とても治せるはずが無い」と思ってしまうほど
長いトンネルのなかを走っているような感じでした

現在かかえている「脱毛症」(ほとんど治りましたが)と「バセドウ病」そして
この時の「過食」は 私の場合「ストレス」によるものだと思います。
 ※母によると「なんでも 一人で抱え込んでしまう」この性格が災いしているのかもしれません

長い間 暗いトンネルの中にいた私は
守るべきものができて ようやく 少しずつ 食べ吐きが治まりました

過食症で悩む方たちに
医療についての知識のない私が 良いアドバイスなどできるかどうかは分かりませんが

どんな長い夜も 必ず朝が来るように
おだやかに 明けていく日が 必ず来ます

だから どうか「自分を責めないで」下さい
少しでもチカラになれればと思って書きました
関連記事
waga
Posted bywaga

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply