FC2ブログ

1.母の悲劇のはじまり

母の悲劇のはじまりは、いつだったのだろう
そう考えるとき 「愛して」「私を愛して」と母が私の心に切に訴えてくるようで
私は深く暗い闇の中を覗き込むような気持になる。

2017年 夏

お盆を少し過ぎたころ、突然に母の体調が悪くなった。
最初は疲れが原因だろうと本人も家族も考えていた。
何事にも我慢強い母の性格が、この時期、逆に仇となり悪い流れへと向かっていくことになる。

そういえば「腰が痛い」と盆中に私に告げていた。
私は長年、デパートに勤務しており、お盆、年末は一緒に暮らしているにも関わらず
本家である実家の手伝いは、買い出しなど、できる範囲だった。

年々 歳をとる母の身体、もともと聴覚障がい者で、ほぼ音のない世界に住んでいる母
親戚づきあいの多い田舎での暮らし
なのに何故、その大変さを感じてあげられなかったのか

母は腰の痛みからはじまり、次は不眠を訴えるようになっていた。
「眠れない」「眠れない」と昼夜中 家の中を歩き回り
眠れないことを何よりも気に病むようになっていく

                           NEXT PAGE→2.最初の受診

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村


関連記事
waga
Posted bywaga

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply