FC2ブログ

2.最初の受診

8月末

眠れない状況が深刻となり近くの内科を受診
胃や腸、レントゲンなどの検査をするが、十二指腸が少し炎症気味というだけで
ほぼ異常なし

しかし、母が一番求めていた睡眠薬の処方をしてもらえず
必要とは思えない胃腸薬の処方がされる。
(ここで母の医師への不信感が生まれる)
自宅にて様子をみるが一向に良くなるはずもなく

2日後、もう一度、同病院を受診
その頃には、もうほとんど食欲もなく顔色も優れない
話す言葉だけは、まだしっかりとしていた。

体調不良は、素人の私たち家族の目にも判るほどになっており
医師の判断により、点滴などの治療を受けるため入院となるが、病名は付かなかった

ただ一つ
医師が診察の際に
「死にたいと思ったことはありませんか?」と母に質問をし
退院後
「こんなに眠れなくて、食べられなかったら、死にたいと思うのが、あたりまえだ。」
と、その質問に対して母が激怒していたのを思い出す。

(医師と母との会話は、筆談などによるもの)

今思えば、その時の医師の言葉を、どうしてもっと深く考えなかったのかが悔やまれる

                           NEXT PAGE→3.短期入院と眠剤

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

関連記事
waga
Posted bywaga

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply