FC2ブログ

そっとしておこう

重度の大鬱で、一時期は混迷→注射で覚醒
電気けいれん療法で治療をした母
最近は認知症の症状もあり、、、、、
63歳にして老婆のようになってしまった

長い長い入院の後、退院
退院直後は家族全員が母の行動に敏感になり過ぎて居た気がする

最近の母は、食事以外は
ほぼ布団の上
自分達の都合だけど、寝たきりになって欲しくなくて手を繋いで自宅敷地を散歩したり
家の中を歩かせたりしたけど

ちょっと焦り過ぎたのかな
最近は、そっとしておくのが、本人に為にも
自分たちのためにも一番良いのだと気付いて
空気のような存在になった母

それが良かったのか
まともな会話ができるようになった

父がヤカンに火をかけると
「さっきN子(次女)が沸かしてた」
父が落ちていたゴムバンドを拾うと
「それは、おひつの止めゴム」
などと口を出すらしい

すごく良い兆候

父も、最近は母の隣で夜眠るらしい

なにかを気にとめる事、一番さみしい時間に隣に父がいる安心感が母を落ち着かせたのかな

色々な介護のブログや介護のマンガを読み漁っていると、夫や家族の協力がなかなか上手くいかない家庭も多いけど

完璧!とは言えないけれど
そこそこ、そこそこ!
いい感じなのではないでしょうか

至れり尽くせりの介護ができないけれど
鬱という病気には
本人が心地いい距離感を手探りで探していくことが必要

母本人が、自分からなにかを発信するその日まで
そっとしておこう
そう思う今日この頃
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



関連記事
waga
Posted bywaga

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply