FC2ブログ

幸せの探求

母は昔から
1人になりたい、と言いながら
人に執着する人だった

あの人は昔、私にあんなことを言った
前にあんな事をされた
あの時、こうだったら
私の人生はもっと変わっていたかもしれない
を、ずっと忘れずに恨みがましく思い出して娘の私に聞かせた

育て方とは恐ろしいもので
聞かされていた私も、母からの情報を後生大事に抱えて相手を見るような癖がついた

いま母は施設の中
立って歩く事、自分で食べられる事を除いては、赤ちゃんと一緒
大きな声でオムツの不快を訴えて、お腹が減れば暴れて泣く

この人は昔から、寂しい人だった、つまらない人だった、もし、この人が母親でなければ私の人生も変わっていたかもしれない、と、つい悪い癖が出てしまうけど

親であっても、他人であっても
許しながら生きて行くことが
自分の人生を楽しむコツなんじゃないかなと思えてきた

例えば

思い通りに動いてくれない夫
思い通りに育ってくれない子供
うるさい親戚
煩わしい職場の人達
迷惑な近所の人
そういう人達があなたの周りに居たとして

この人が、もっとこうなら
とイライラして生きるより

自分を生きた方がいい
楽しんだほうがいい

誰かのせいで、と恨む事は自分をつまらなくする
でも
誰かのおかげ、と思える事があると幸せな気持ちになる

自分が楽しく幸せになれる
心の選択をすればいい
自分を幸せにするのは自分自身

母のおかげで気付けた私は幸せ者



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村






にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村
関連記事
waga
Posted bywaga

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply